Luz de Tokyo

luzesp.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 26日 ( 1 )


2006年 03月 26日

父母キタル




両親がブエノスアイレスに来た。

朝、コレクティーボで2時間近くかけ、エセイサ空港へ。
だいぶ早く着いたが、到着便は遅延。
そして、到着ゲートで待つこと1時間。
心配していたヒューストンでの乗り換えも無事にクリアしたらしく、エセイサ空港に颯爽と(?)姿を現した。
1年2カ月ぶりの、地球の裏側での再会である。
2人とも変わりない。
「ものすごく老け込んでしまっていたら…」
とか、いろいろ考えていたので少し安心した。

タクシーでブエノスアイレスの僕のアパートへ。
日本から来たばかりだというのに、荷物から小さな包みを取り出して「お味噌汁飲もうよ」と母。
インスタントの葱の味噌汁で、ひと心地ついたらしい2人はものすごい勢いで喋り出した。
やっぱり、変わらない。

午後、サンテルモからボカへ。
コレクティーボから外を眺めていたら、オベリスコの周辺では数万におよぶ人が横断幕を掲げて集会をしていた。
今月定められたばかりのこの祝日は、軍事政権下での弾圧を忘れないようにしよう、というもの。

サンテルモは平日よりは多少賑やか、日曜よりは静か、といったところ。
骨董屋の並ぶ市場を見て歩く。
かつて訪れたスペインに似ている、と母。
石畳の路地に、古びれた趣にしきりに感心している。

小雨が降ったりやんだりする。
ドレーゴ広場のそばでタクシーを拾い、ボカへ。
2人とも、「観光がしたい!」というタイプではないので、カミニートは軽く流す。
近くの公園で遊ぶ子どもたちを眺めながら、母はある絵本作家について語り、父は居眠り。

ボカからアバストへ移動し、にぎわうショッピングセンターを見物。
母はハンドバッグを物色。

自宅への帰路にはスブテを選択。
丸の内線の車両に目を丸くする2人。

近所のレストランでパリジャーダ、ワイン。
さすがわが両親、食べられないものなどなかった。
小腸も腎臓もモルシージャも、すべて完食である。

心地よいワインの酔いでゆったりと眠りにつく、ブエノスアイレスの夜。
[PR]

by luz_esperanza_777 | 2006-03-26 00:21 | Dias en Bs.As.